在籍確認でカードローンがばれる?

MENU

在籍確認でカードローンがばれる?

カードローンの審査には「在籍確認」という審査があります。審査の際には「勤務先の申告」が必要なのですが、申告している勤務先に在籍しているかどうかを確認するためのものです。

 

カードローンを申し込むと必ず在籍確認という審査があるわけではありません。
「本審査」まで進んでいる場合のみ行われます。

 

「在籍確認」つまり「勤務先」に確認の電話が入るということです。在籍確認が勤務先に入るということは「在籍していないのではないか?」と疑われているのではと感じる方もいらっしゃるかもしれません。カードローンは、無担保・無保証人でお金を借りることができます。

 

「信用」だけが頼りだということです。

 

しかし、在籍確認というのは「信用されていない」「疑われている」ということではなく、審査が良好に行われているのだと捉えることもできるのではないでしょうか。本審査に進むことができなければ在籍確認は行われないのですから。

 

【在籍確認でカードローンを知られてしまう?】

 

在籍確認の電話が勤務先に入ることで「カードローンが知られてしまうのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか。ですが「○○金融会社です。○○さんの在籍確認でお電話しました。」なんてことはありませんのでご安心ください。

 

カードローンの会社ですよ、と知られてしまうような内容ではありません。「○○(個人名)ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」など、普段の電話と同じような内容で電話が入ります。

 

【在籍確認がないカードローン】

 

どうしても勤務先への在籍確認は困る、という方には、電話連絡や郵送物のないカードローンが存在するということもご紹介します。

 

その金融会社とはCMでもお馴染みのモビットです。モビットでは「WEB完結申込」という方法でカードローンを契約することのできる会社になっています。

 

このWEB完結申込を使える条件は指定の銀行口座を持っている事
(※三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の銀行口座がある事)

 

上記の銀行口座があれば全ての手続きをインターネットのみで行うことが可能です。指定された銀行口座を使用することが可能な方であれば、利用を検討されてみるのも良いかと思います。

 

これなら郵送も全くなしで電話連絡も全くなしで借りる事ができるので、在籍確認なしでどうしても借りたいという方はもモビットを利用してみては如何でしょうか?