審査通過に職業や勤務年数は重要なのか?

MENU

審査通過に職業や勤務年数は重要なのか?

カードローンの審査ですが、公務員などの安定した収入があり、
勤務年数も長ければ「確実に審査に通る」と思っていませんか?

 

実は「100%」ではないのです。

 

複数の金融機関のカードローンを利用している場合や、過去の延滞・未払いなどによってブラック情報がある場合は審査を通過できない可能性もあるのです。

 

公務員であればカードローンの審査に通りやすいでしょう。
簡単に審査を通過してしまう方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、複数の金融機関のカードローンを利用していることで「多重債務や債務金額が多すぎる」と判断されてしまった場合、審査を通過できない可能性がありますので注意しましょう。

 

複数のカードローンを利用していおり、他の金融機関から新たにカードローンを利用したい場合は利用しているカードローンの返済を済ませて、解約してしまうことです。

 

完済・解約を済ませてからの方が新たなカードローンの審査にも通過しやすくなります。
他のカードローンでの完済実績も審査の対象として有利になります。

 

「この人は完済する能力がある人だ」と評価してもらえるからです。

 

【職業と勤務年数】

 

職業は「定期的な安定した収入があるかどうか」「離職率」が審査されます。

 

公務員の場合はリストラや倒産のリスクがとても低いですし、給与の減額やボーナスのカットも少ないでしょう。安定した収入を得ることができるとして審査を通過しやすいでしょう。

 

「定期的な安定した収入を得ることができない」「離職率が高い」と判断されてしまった場合審査は不利になります。とくに自営業の方に言えることなのではないでしょうか。

 

たとえ収入が多い場合でも「不安定」「不定期的」と判断された場合は審査を通過できる確立は下がります。職業と同じくらい「勤務年数」も重要な審査ポイントです。

 

転職を繰り返すような場合、「すぐに辞めてしまうかも」とマイナスな判断をされてしまいます。
「仕事を辞めることはないだろう」と判断してもらう必要があるのです。

 

最低でも1年以上の勤務年数は必要なのではないでしょうか。