カードローンの返済を延滞してしまった場合

MENU

カードローンの返済を延滞してしまった場合

カードローンを利用するのであれば「未払い」「滞納」「延滞」「不払い」「支払遅延」などに注意が必要です。

 

残高が不足して引き落とすことができなかった場合や、ATMへの入金が間に合わなかったというケースがほとんどです。引き落とし日までに残高が十分であるかを確認するなど注意しておきましょう。ATMでの入金が間に合わなかったということがないように、早めに入金することも必要です。

 

【不払いを起こしてしまった場合】

 

銀行のカードローンで不払いを起こしてしまった場合は、保証会社から通知が届きます。
「支払いが確認されませんでした」といった内容のハガキが届くことがほとんどです。

 

銀行系の消費者金融のカードローンで不払いを起こしてしまった場合は、その金融会社から通知が届きます。ほとんどの場合、ハガキや書類での通知が送られてくるのですが金融会社によっては携帯電話へ連絡が来る場合もあります。

 

「支払えない状態にある場合」は電話での連絡が来る場合もありますが
電話による催促の電話は余程のことがない限りありませんので安心してください。

 

【返済が遅れる場合は担当者へ連絡を!】

 

「連絡」はとても大切なことですよね。返済期日までに返済することがどうしても難しいという場合は担当者に必ず連絡をするようにしましょう。

 

事前に担当者に連絡をしておくことで金融会社からの督促はありません。
しかし、カードローンを延滞している間はお金を借りることができませんので注意しましょう。

 

返済が遅れてしまい、延滞中にお金を借りることができなくなってしまっても
しっかり返済すれば、またお金を借りることができるようになります。

 

返済期日までにどうしても返済することができないこともあるかと思いますが
延滞してしまった場合でもできるだけ早めに返済を済ませるようにしましょう。

 

返済期日を過ぎてしまうと数ヶ月間カードローンを利用できなくなる場合があります。

 

カードローンの利用が再開される日はいつなのか、確認しておくと良いと思います。1日でも返済期日を過ぎてしまうと数ヶ月間利用できなくなってしまう場合がありますので注意しましょう。

 

カードローンで生活を繋いでいる、という方もいらっしゃるようですし、数ヶ月間も利用できなくなると生活できないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

返済期日までにどうしても支払うことができない、でもカードローンが数ヶ月間利用できないのは困る、という方は、事前に連絡することで支払日を変更してもらうことができる場合もあります。

 

金融会社によって、支払いの変更が可能な場合もありますので、カードローンを申し込む際などに確認しておくと良いかもしれません。